ホーム > 9歳頃からの矯正

子どもの矯正 最適な開始時期は?

子どもの矯正 最適な開始時期は?

3つの時期とステージがあります。

矯正治療を始める時期には、子どもの歯並びの乳歯列期と、大人の歯と子どもの歯が混ざり合っている混合歯列期、大人の歯並びに変わる永久歯列期の3つの段階があります。
いつごろから始めるのが最適なのか。その考え方はいろいろありますが、歯の矯正をしやすい時期があり、なおかつ、ある程度の時間の余裕を持って始められる時期が最適といわれています。
噛んだときに顎は歯によって誘導されますので、乳歯のときに調整した方がいい噛み合わせがあります。この時期に矯正をすると、顎が左右対称になり、良いバランスへの改善がより期待できます。

矯正相談と治療の目安
歯並び相談・・・・・6歳頃(小学1年~2年を目安)
矯正治療・・・・・・・9歳頃(小学3年~4年を目安)

(9歳頃)

乳歯から永久歯に生え変わる時期(混合歯列期)
永久歯が正常な位置に生えるように整える咬合誘導など、顎の成長をコントロールしながら永久歯列が完成する時期まで経過を観察します。
咬合誘導の処置には月に1~2回の通院、経過観察の時期には年に3~6回の通院が必要です。

(12歳頃)

永久歯が生え揃う時期(永久歯列期)
歯に矯正装置を装着し、一つひとつの歯を動かしながら歯列と上下の噛み合わせを調整していきます。
症状や治療方針によって変わってくると思いますが、約3年程度の期間と、月に1~2回の通院が必要です。

(15歳頃)

歯を動かした後に歯を安定させる時期(保定期)
歯を動かした後は歯を支える歯槽骨がやわらかく、そのままにしておくと、歯が後戻りします。
歯槽骨が固まるまでの1~2年間は簡単な装置を使い、歯の位置を安定させます。
年に3~6回の通院が必要です。

(18歳以降)

噛み合わせが機能的・形態的に安定する時期
18歳以降の大人の歯になると、親知らずや歯槽膿漏、顎関節症などが考えられます。
これらの症状に対処できるように経過観察を行う時期になり、将来のために定期的に検診を受けることをおすすめします。

上下前歯4本が生える時期がベスト

上下前歯4本が生える時期がベスト

上下の前歯4本が生えてくる混合歯列期は、隣の横から生えてくるまで少し時間があるので、その時期の矯正治療をおすすめします。
つまり、歯科医、本人、両親が見やすい時期があって、「あなたの大人の前歯」となり、凸凹や出っ歯など、まわりからわかる時期になります。

この時期がベストな時期であり、隣の横の歯が生えてくると、次のステップにスムーズに進むことができず、長期間の矯正になってきます。
きれいに並んでいたら矯正は考えにくいですが、上下の前歯4本が生えてくる混合歯列期にかかりつけの歯科医に時期的な相談をして、矯正のタイミングを考えてみることをおすすめします。

9歳頃から約4年間の矯正治療

上下の前歯4本に加え、6歳臼歯が生えて、上下6本のときに始めると、12歳臼歯が生えて歯並びは完成します。
その間、工夫しながらある程度の噛み合わせをつくる作業ができます
9歳頃から約4年かけて歯を動かすのが前半の2年くらいです。

また、動かすだけではなく、後戻りを防ぐ、歯が生えてくるのを待つ、顎の高さを保つ作業がやりやすく、歯が伸びてくる時期を見届ける期間も含まれます。
歯科医は生えてくる歯はさわることができないので、その4年間でいい噛み合わせになる場合と、長くかかる場合もあります。

その後はいつ行ってもいい環境に

すべて大人の歯並びになった後は、いつ矯正を行ってもいい環境にしておくことが理想です。
メンテナンスの際、やりやすいようにするため、前歯はきれいにしておいて、見栄えをよくし、長く持つようにします。

そして、そのあとの細かいところは本人が生活する中で、口があきにくい、奥歯の12歳臼歯が違った方向に生えているなど、いろいろな部分において、気になった時点で矯正治療をスタートさせることができます

新着情報

一覧を見る

2013/12/25

【年末年始のお休み】1月29日(日)~1月6日(月)までお休みとさせて頂きます。今後とも宜しくお願い致します。

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
滋賀県大津市皇子が丘2-10-25-101号 ファーストタワー大津MARY 1F

詳しくはこちら